短期バイト ポスティング

造船関連のバイトの体験談

造船関連のバイトを始めようとしたきっかけ

30代でしたが、無職で住む所も無く、取り敢えず生活の為にと思い、口添えで紹介してもらいました。
その頃は路上生活(数人でかたまって共同生活らしきもの)でしたので、そこなら住む所も斡旋してくれるというので即決定しました。

造船関連のバイトのメリット

日雇い労働でしたが、日給1万円(残業になれば残業代も出ました。)。
昼食支給(弁当)、最低限の備品支給(ヘルメット、作業服、軍手、安全靴等)、シャワー有り(無料)、洗濯機有り(無料)といた出りつくせりです。
言えば仕事までの食い繋ぎなどの理由で小額ですが前借も出来ます。
申し込み最長翌日から雇ってもらえます。

造船関連のバイトのデメリット

はっきり言って日雇い労働は堕落します。日銭稼いで食事して、後は娯楽。お金は残りません。(その人にもよりますが)
後、保障も無いです。(健康保険、労災、雇用保険、等等)
やってた仕事についてははっきり言って3Kです。(その当時は普通でしたが)

造船関連のバイトの仕事内容

内容については詳細には話せませんが潜水艦の掃除です。
燃料タンク、外回り内回り、動力室、コントロールセンター、その他諸々、廻ってない場所はありません。
まぁ一番まいったのと面白かったのは「サニタリー」トイレです。
排泄物にいたってはポンプ(持ち込み式)で排出しますが後はカッパを着て中に入って磨き掃除(中は案外広いです総床面積6畳位中で立てます)
勿論、サニタリー組は1日ですが追加手当も出ます。

造船関連のバイトはまたやってみたいですか?理由も添えて教えてください。

無理です。今は安保等の関係で普通には入れません。
やってみたいかと言うとそれもちょっとかな。
あれをやって普通の仕事やって、戻れません日雇い労働には。
なんせ保障が一切無いのは無理です。
仕事も周りの人達も一級品の良い人ばかりでしたがね。